ビワマスの釣り方

                   (文:品川博司)

 

ビワマストローリング中の鱒屋6号

レイクトローリングで使用する仕掛けのシステム

 琵琶湖でビワマスのレイクトローリングを行う際、以下のような仕掛けの種類からいずれかを選択し、釣りをすることになります。

 

・レッドコアラインシステム
・プラナーボード&レッドコアラインシステム
・ダウンリガーシステム
・ダイバーシステム
・ラインにウェイト(オモリ)を付けて沈めるシステム(手軽さはありますが、“同じタナに同じように沈める”という再現性が低く、オススメしておりません)

 

※この章では上記の5種の内、主に現在の琵琶湖で主流となっている「レッドコアラインシステム」・「プラナーボード&レッドコアラインシステム」・ダウンリガーシステムについて解説してゆきます。


◉レッドコアラインシステム

レッドコアータックルにてビワマストローリング中
オモリ入りのラインを長い距離流すので、電動リールを使用しています(品川の場合)

 

レッドコアライン

 中心に鉛線が入っているのでレッド(lead=鉛。レッドと発音)コア(芯)といいます。糸鉛の外側をダクロン(ポリエステル素材)やPE(ポリエチレン素材)などの糸で編み込んだ、水中で沈んでいくシンキングラインをリール から長く出して流すことでルアーを深ダナまで沈めます。沈下と浮き上がりは、船の速度と流していく糸の長さで決まります。水面近くの表層から、水深28mくらいまでを探ることが可能です。レットコアラインは太さと重さの違いをポンドテストで表示しています。
 市販されているもので、12lb・15lb・18lb・27lbと様々なバージョンが有り、沈下スピードについては同じメーカーの場合は同じとパッケージに表示されていますグデブロッド社には、鉛の入っていないノンレッドのものも有ります)
 一般的に販売されているレッドコアラインは100yd(91m)か、200yd(182m)が基準です。一色(10yd=9.1m)ごとに色分けがされていて、ビワマスでは12lbもしくは18lb表示のものを使用します。船速3kmで走る場合の有効沈下は12色分くらい糸を出す範囲までで、それ以上に糸を出しても沈んでいません。

 

※現状でオススメできるレッドコアラインは、「サフィッスクス832」の12lbまたは18lbです。

 

レッドコアラインのメリット

・糸を長く出すことで沈めるため、ルアーが泳ぐ位置が船から遠くなるので、魚に警戒されにくい。

・糸が太いので湖流の抵抗を受けやすく、自然に抵抗の少ないよい流れ=ゆるい流れに、ルアーが入る。つまり、“流れのヨレ”にはエサが集まりやすく、そこに魚が集まっているが、レッドコアラインシステムで流すと仕掛けをそこに運んでくれる。

 

レッドコアラインを電動リールに巻く
・ダイワの500番代電動リールの場合/太めのダクロンもしくはPEラインによる下巻き+PE1.5号を100m+レッドコアライン100yd(91m)+モノフィラメントライン(ナイロンもしくはフロロ)のリーダーを使用する竿の長さ×2本分+プラスα

 

プラナーボードを使用する場合のレッドコアラインシステムについて
※「プラナーボード」とは、レッドコアラインをなるべく船から遠ざけた位置から流すことができる小さな船のような装置です(極小の板状のものもあります)。低水温期の琵琶湖では表層にエサが泳いでおり、それらを狙うビワマスもいます。表層にいるマスは船が近づくと逃げやすいのでプラナーボードを使い、仕掛けを船から離した状態で流していきます。

・表層から5〜6mを狙う場合/リールに太めのダクロンかPEで下巻き+PE1.5号100m+モノフィラメントライン(ナイロンもしくはフロロ)の5号を20〜25m+レッドコアライン3色分(30yd=27.3m)+モノフィラメントリーダー(ナイロンもしくはフロロ)。

・表層から8〜12mを狙う場合/レッドコアラインを5色分(50yd=45.1m)とする。それ以外上は、記と同じ。

※仕掛けを流す水深は、5色モノフィラメントの部分の長さを変えることで、少しは調整が可能です。

ロッド
 短いほど取り回しが楽ですが、長いロッドの方が竿のタメが有り、ダウンリガーとのコンビネーションで流していくには有利です。
 実際には短くて8.6〜9.6ft、ロングロッドでは12ft。ダウンリガーを併用しない場合や、舟が20ft以上有る場合は10ftが良いと思います。

リール
 ABU7000クラスが良い。ギア比があまり早いものはバレやすいです。また、使えるならシンクロドラグモデルが良いと思います。ラインを100yd以上出すことも多く、頻繁にリールを巻くので、現在は電動リールも使っています。

ライン
 ナイロンの太めのもので下巻きを20〜30m。バッキングラインとしてPE2号を100m。メインラインとして、PEカバーレッドコア100yd、または18ibノーマルレッドコア100yd。リーダーは、フロロカーボン5号8m。
 PEカバーレッドコアは従来のレッドコアラインに比べ、約2倍の沈下能力が有り、100yd+10mまたは20mで水深20mを狙う事も可能です。
 ノーマルレッドコア100ydで2/0のドジャーを付けたとき、船速3kmで、約9m沈んでいますがバッキングPEを30m出すことで15mまで沈められます。
 リーダーについては、ランディングを考えロッド長の2倍プラスαくらいでいいでしょう。せっかく苦労して沈めたのに、リーダーを長くとりすぎるとルアーを浮かすことになりかねません。

 

◉ダウンリガーシステム

ビワマスをダウンリガーシステムで狙う品川キャプテン

「ダウンリガー」とは大きな重りを水中に入れ、確実に一定の棚に仕掛けを入れておく為の装備です。

 道具立ても多くて重く、たいそうな物で、30年以上前にも何回か使いましたが、サクラマスやサツキマスを釣るには、レッドコアラインシステムと比べあまりメリットを感じなかったのです。しかしビワマス を狙うとなると事情が変わりました。深い棚でもヒット率の高いビワマスのトローリングには、かなり有効なタックルといえます。また初心者からベテランまで、ランディング(取り込み)が非常に楽なのがよい。

 手動による巻き上げと電動タイプに大別され、手作りもできますが、どういう釣り方を目指すかでどちらかを選択します。

 商品としてはアメリカ製の「キャノン」、カナダ製の「スコッティー」や「ウォーカー」等があります。マイボートの方には、スコッティーの電動タイプがお勧めです。

レンタルボートを使う場合は、大きさや重さ、電力消費量等を考えれば、ウォーカー「EDR-2のスイベルマウント付き」がお勧めです。とりあえずちょっとやってみたい方には、スコッティーの「1050」や「1060」、ウォーカーの「キングフィッシャー」等がお勧めです。


1ダウンリガー1ロッドと2ロッドのシステムが有り、1ダウンリガーで2ロッドの場合、水圧抵抗を考えウエイトは重めにします。

 


琵琶湖スタイルって?

 ビワマスは基本的に、ルアーで釣ります。岸辺に近づいてくるのは残念ながら、禁漁期となっている秋から初冬のみなので、もしキャスティングで釣りたい方はガイドサービスを利用し沖に出て、その旨をキャプテンに相談したほうが良いでしょう。ただ、回遊魚であるビワマスを広大な琵琶湖でピンポイントで狙うことは、あまりに確率が低いといえます。この点については、近年試みる方が増えてきたジギングについても同様です。琵琶湖でビワマス を狙う上では、広範囲に効率よく釣りができる“トローリング”が、やはりメインとなります。

 トローリングはルアーの数が多ければ多いほど釣れる確率が上がりますが、琵琶湖の沖でトローリングを行う際に1ボートで出せるタックルの数は、琵琶湖海区漁業調整委員会で定められたルールに従う必要があり、1人2セットまでとなります(令和5年現在)


 初めて挑戦するなら少々操船が不安定でもトラブルが少ない、1ダウンリガーに1ロッドのセットと、レッドコアライン1セットの2タックルが良いでしょう。レッドコアラインタックルで水面から水深15mまで位を狙い、手動ダウンリガータックルで水深10m~30mまでを探りますウエイトの重量は4LB~6LB=2~3kg)。小さな舟で挑戦する場合であっても、この2タックルなら可能です。


 芯に鉛のワイヤーが入り外側をダクロンまたはPEラインで編みこんだ沈む糸を使用するレッドコアラインの場合は、十分な長さのレッドコアラインをリールに巻き、船をゆっくり走らせ糸を長めに出して流していくことで、ルアーを深くに沈めます。竿とリールだけなので道具立てはダウンリガーに比べて簡単ですが、ラインを長く出しているので取り込みやルアーチェンジ、トローリング中の扱いが少し難しくなります。


 ダウンリガーは一定の水深まで仕掛けを沈めるだけのウエイトと、それを上げ下げするダウンリガー(ウインチ)本体、そして竿とリールというふうに道具は多くなりますが、魚を掛けてからはウエイトと道糸を分離させフリーにすることが可能で、魚までの距離が短く抵抗も少ないので楽な取り込みが出来ます。


 魚のヒットする水深の浅い場合、レッドコアラインタックルのヒット率が高くなり、深い場合はダウンリガータックルが有利になります。レッドコアラインシステムとダウンリガーシステムを併用するトローリングこそが “琵琶湖スタイル”といえるかもしれません。よってレッドコアライン1セット、ダウンリガー1セットで2ケのルアーを流していくのが琵琶湖でのトローリングの基本となり、この2セットでいろんな水深を自由にコントロールしながら流していくことが出来れば、一人前のビワマストローラーです

 ビワマスの習性として、多くの季節に水温や餌の都合で、水面から10m前後の浅い層にも大型魚が居ると推察しています。その為、スタッカー(ダウンリガーで仕掛けを複数流す場合の上側の仕掛け)の位置を浅くしたり、レッドコアラインを短く出すということをします。


 ところが浅い層ではボートと魚が近いので、警戒して魚が逃げている…… いかにしてボートからルアーを遠ざけて浅い層を流すか? 船が大型船なら、7mくらいのアウトリガーを出すのが簡単です。また、レッドコアを3色4色のみであとはモノフィラでヘッドとして流すという方法もあります。ところが旋回すると追従性が悪いので、絡みやすくなります。あちらを立てればこちらが立たず。この釣りもやはり、難しいものです……。